03-5961-9133 ご相談等の予約の際は、「鈴木弁護士相談サイトを見た」とお伝えください。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00-19:00

示談交渉

  1. 鈴木弁護士相談サイト(新大塚法律事務所) >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 示談交渉

示談交渉

交通事故に遭遇した際、被害者が損害賠償を請求するためには、加害者との示談交渉を行う必要があります。

示談交渉とは、交通事故が起きた際に、被疑者と加害者間で、どのような損害が生じたか、損害額はいくらか、どのように支払うかなどについて話し合いを行い、和解することをいいます。

基本的には、当事者同士が話し合い、譲歩しながら、賠償の内容を決定していきます。話し合いで合意に達すれば問題ないのですが、スムーズに話し合いが進まないケースがあります。しかし、話し合いが上手くいかない場合も、最終的には損害賠償について解決する必要があります。

では、示談交渉では、そのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

まず行うべきことは、警察への通報です。警察への通報を怠ると、その後の手続きにおいて、様々な不利益を被ることとなりますので、必ず警察へ通報しましょう。その他、加害者の身元を確認したり、双方の保険会社へ連絡したり、警察の実況見分に協力したりする必要もあります。

なお、被害者は、加害者側の保険会社の言い分をうのみにしないよう注意しましょう。仮に、被害者が怪我の治療を行った場合に、完治の見込みがないというケースがあります。その場合、主治医から症状固定の判断を受けることとなります。

症状固定後に残った身体の不具合は、全て後遺症として扱われます。ここで、怪我の治療中に保険会社から、「今月で治療費の支払いを打ち切りたいので、症状固定としてください。」との連絡が来るケースがあります。この連絡は、加害者側が事を有利に進めるため申し向けている可能性が高いため、うのみにしないよう注意する必要があります。

症状固定後の治療費や交通費、休業損害等は、加害者側に請求することができなくなりますから、慎重に症状固定を行うことが重要です。

示談交渉は、なるべく早く終わらせてしまいたいと考えがちです。しかし、示談交渉を適切に行わなければ、被害者自身が不利益を被ることとなります。そのようなことが生じないよう、示談交渉は慎重に行いましょう。

新大塚法律事務所は、東京都、神奈川県、埼玉県を中心に、相続や交通事故などの問題について、相談を承っております。
お客様が損することのないよう、問題を解決いたしますので、お困りの際は、ぜひ当事務所までご相談ください。

鈴木弁護士相談サイト(新大塚法律事務所)が提供する基礎知識

  • 遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書とは、共同相続人全員の遺産分割協議により相続財産の分割方法が決定した際に、その内容を書類...

  • 練馬区の交通事故は弁護士鈴木成公にご相談ください

    練馬区の交通事故は弁護士鈴木成公にご相談ください

    「交通事故の被害に遭ってしまい、動揺している。どのように解決していけばよいだろうか。」 「損害賠償請求...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    「慰謝料」とは、精神的に苦痛を受けた場合に、その被害に対して行われる損害賠償のことを指します。 離婚...

  • 騒音・振動

    騒音・振動

    アパートやマンションなど見知らぬ人と壁一枚を隔てて生活している以上、どうしても振動や騒音問題が生じる可...

  • 不動産相続

    不動産相続

    相続で不動産を入手した際には「不動産の名義変更」を行う必要があります。 仮に名義変更を行わず故人名義の...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄の流れは次のようになっています。 ■家庭裁判所に書類提出 相続放棄をする際には、放棄しようと...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    相続の大まかな流れは以下のようになっています。 ■法定相続人の確定 被相続人の出生から死亡までの連続し...

  • 人身事故

    人身事故

    交通事故の際、物損事故として処理されるか、人身事故により処理されるかで、結果が大きく異なることとなりま...

  • 任意売却

    任意売却

    もし、住宅ローンの支払いが出来なくなった場合には、銀行などの金融機関は担保となっている住宅を強制的に売...

よく検索されるキーワード

ページトップへ