03-5961-9133 ご相談等の予約の際は、「鈴木弁護士相談サイトを見た」とお伝えください。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00-19:00

代襲相続

  1. 鈴木弁護士相談サイト(新大塚法律事務所) >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 代襲相続

代襲相続

相続人となるべき子または兄弟姉妹が一定の事由により相続権を失った場合には、その者の子が、その者の受けるはずだった相続分を、被相続人から直接に相続できます(民法887条2項・889条2項)。これを、代襲相続と言います。
相続権を失い、相続できなくなった者を、被代襲者といい、かわって相続できるようになった者を代襲者といいます。

「一定の事由により相続権を失った場合」には、
■被代襲者が相続開始以前に死亡した場合
■相続欠格(同法891条)
■廃除(892条・893条)
が含まれます。

なお、被代襲者が相続放棄をした、という場合はこれには含まれないことに注意が必要です。

また、「再代襲」というものもあり、次の二つの場合に分けて理解しておく必要があります。

■被代襲者の子が代襲相続権を失った場合
この場合は、被代襲者の子に、子がいれば、その子が代襲相続権を得ることになります(同法887条3項)。
■被代襲者の兄弟姉妹が代襲相続権を失った場合
この場合は、一つ目の場合のようにはいかず、再代襲はないということになります。

新大塚法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県の相続、交通事故、離婚、不動産トラブルのご相談を承っております。
知的財産、海外案件、ハーグ条約関連のものを除く、法律相談全般を承っておりますので、お困りの際は、当事務所までお気軽にご相談ください。

鈴木弁護士相談サイト(新大塚法律事務所)が提供する基礎知識

  • 遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書とは、共同相続人全員の遺産分割協議により相続財産の分割方法が決定した際に、その内容を書類...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    「たとえ離婚したとしても、子供の親権だけは譲りたくない」 「自分の子供の成長に深く関わっていきたい」 ...

  • 不動産相続

    不動産相続

    相続で不動産を入手した際には「不動産の名義変更」を行う必要があります。 仮に名義変更を行わず故人名義の...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    「慰謝料」とは、精神的に苦痛を受けた場合に、その被害に対して行われる損害賠償のことを指します。 離婚...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    民法によれば、相続放棄をする際には、「自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に」し...

  • 死亡事故

    死亡事故

    死亡事故とは、その名の通り、被害者が死亡した交通事故をいいます。しかし、死亡したタイミングで多少扱いが...

  • 受託ローン

    受託ローン

    慰謝料や財産分与だけでなく、住宅もまた、離婚の際に今後の方針を決定しなければならない問題の一つです。 ...

  • 面会交流権

    面会交流権

    「親権を取得することはできなかったが、離婚後も子供の成長を見届けたい」 「離婚後も子供の成長に立ち会え...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言には、普通方式と特別方式の2つがあります(民法967条)。 通常行われるのは普通方式のもので、以下...

よく検索されるキーワード

ページトップへ