03-5961-9133 ご相談等の予約の際は、「鈴木弁護士相談サイトを見た」とお伝えください。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00-19:00

建物明け渡し・立ち退き

  1. 鈴木弁護士相談サイト(新大塚法律事務所) >
  2. 不動産トラブルに関する記事一覧 >
  3. 建物明け渡し・立ち退き

建物明け渡し・立ち退き

賃料不払いの住民が存在しており放置しておくと、新しい住民も呼べない上に追い出すこともできないため、アパートやマンション管理に影響を及ぼしかねません。
そのため、入居者がいつまでたっても家賃を支払わない場合には建物明け渡し訴訟の後に強制執行を行う事によって、強制的に相手方を建物から立退いてもらう事が可能となります。

なお、通常一ヵ月程度の家賃滞納では契約の解除は認められていません。
賃貸借契約は双方の信頼から成り立っているとされるため、その信頼関係が破壊された時に契約の解除が可能となる「信頼関係破壊の法理」からすると、最低でも3か月~6か月程度の家賃滞納が必要になってきます。

入居者が家賃を支払わな場合には、まずは直接相手の所へ向かい家賃の支払い滞納の旨を伝えます。その後、内容証明郵便を用いて賃貸借契約を解除する旨の通知を送ります。この内容証明郵便は後の裁判でも有力な証拠として利用することが可能となります。また、仮に相手側が法律に疎ければ「内容証明郵便=訴訟」と考えてしまうので、内容証明郵便を受け取った時点で素直に支払いに応じてくれる可能性も大いにあるのです。
ただ、中には契約を解除しても未だ立退かない入居者も存在します。そのような入居者に対しては、滞納賃料の支払いと建物の明け渡しを求める「明け渡し訴訟」を提起します。
この明け渡し訴訟で無事確定判決を得ても相手側が何の反応もしなければ、執行官と共に「強制執行」の打ち合わせを行います。
その後、執行官が相手側に明け渡しの催告を行い、催告の日から1か月程度経過しても建物から立退いていなければ、強制執行が断行されます。

新大塚法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に建物明け渡し・立ち退きに関するご相談をお待ちしております。
家賃不払いの住民がいてお困りの大家さんがいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご相談ください。

鈴木弁護士相談サイト(新大塚法律事務所)が提供する基礎知識

  • 遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書とは、共同相続人全員の遺産分割協議により相続財産の分割方法が決定した際に、その内容を書類...

  • 成年後見

    成年後見

    例えば認知症の高齢者など、判断能力が低下している人の行う法律行為は無効になってしまいます。遺産分割協議...

  • 賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉は、建物を貸す側である賃貸人と建物を借りる側である賃借人にとって、もっとも興味を惹かれる...

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    遺産分割の方法は大きく分けて3つあります。まずは、被相続人の遺言による遺産分割方法の指定があればそれが...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    「慰謝料」とは、精神的に苦痛を受けた場合に、その被害に対して行われる損害賠償のことを指します。 離婚...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    建物は人生においてそう何度も買うものではないため、購入する際は実際に建物の外見を確認するなどの注意を払...

  • 土地の境界線

    土地の境界線

    土地の境界線に関する規定は様々なものが存在します。 たとえば民法においては、建物を建てる場合境界から5...

  • 示談交渉

    示談交渉

    交通事故に遭遇した際、被害者が損害賠償を請求するためには、加害者との示談交渉を行う必要があります。 ...

  • 協議離婚・調停離婚の違いとは

    協議離婚・調停離婚の違いとは

    「離婚しようと考えているが、どのような方法で離婚するのが最適なのか判断できない。」 「協議離婚と調停離...

よく検索されるキーワード

ページトップへ